利息の計算方法

Pocket

8c0822942c24ab5bf27703cbc1267dc6_sキャッシングをする際に「年利○○%」と書かれているのはよく見かけますが、あまり身近な数字に感じられませんよね。
せめて「1ヵ月これくらいの額を借りたら○○円の金利がかかる!」と書いておいてくれればわかりやすいのに……。

 自分で計算するのも難しそうって思っちゃいますよね。
でも意外なことに計算する方法を知ってしまえば簡単だったりするんです!
1ヵ月間お金を借りた利息の計算方法は下記のとおりです。

 

キャッシングの利息の計算方法について

■借りた金額×年利〇〇%÷365×1ヵ月の日数(29日か30日か31日)
=1ヵ月お金を借りた利息の額

この計算方法が面倒だな……と感じる人は次の方法でも1ヵ月お金を借りた利息の額が分かります。

■借り入れした金額×年利〇〇%÷12=1ヵ月お金を借りた利息の額
どちらにしてもハッキリした金額ではないので「目安」程度に考えておきましょう。

 

計算例

この計算方法で編み出した一例を挙げてみます。

・年利18%の会社で20万円を1ヵ月間(30日間)借りた場合

20万円×18%(0.18)÷365×30日=2,960円

・年利15%の会社で20万円を1ヵ月間(30日間)借りた場合

20万円×15%(0.15)÷365×30日=2,466円

 

まとめ

大まかな金利を知る計算方法を知っていると、自分が借りたお金よりもいくら程度多く返済しなければいけないのかを理解できます。
それができていると不必要な借り入れを止めることができ、金利が膨れ上がることの予防にも繋がります。
キャッシングをする際にはまずお金を貸し出す会社の年利を調べて「最終的にはどれくらいお金を返さなければいけなくなるのか」を知るようにしましょう。
年利を見るだけでは実感がわかなくても「最終的に返すお金の額」を知ると「この会社は悪徳だった!」ということに気付けるようになります。
便利なキャッシングを利用する際には一度冷静になって色々な会社の年利の額について調べましょう。
お金を同じ期間借りても返済する額には大きな影響を与えることをお忘れなく!

Comments are closed.

低金利のキャッシングガイド